極めて個人的な新車試乗インプレッションです
by yuta_cold
カテゴリ
全体
インプレッション
【長期レポート】
以前の記事
2008年 09月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新型 日産スカイライン

帰ってきたスカイライン
d0055336_20495444.jpg

いつの頃からか「奇数番のスカイラインはハズレ」という通説があります。DR30のRSが硬派な走りのモデルでそのあとのR31「7th」がマークⅡの後追いでメタメタだったのが発端か。そしてR32でGT-R復活、R33でまたも肥大化・・・。奇数番ハズレ説は「定説」に。走りに振ると快適性が下がる。居住性を取ると走行性能が満たされない。マーケットに翻弄され続けたかつての憧れは、ついにR34で究極的にスパルタンなモデルになりましたが、GT-R以外は全く注目されないいびつな販売比率で歴史的にも稀な短命にて終焉を迎えました。

これでスカイラインという名前も封印されるかと思ってたんですよ。まさか東京モーターショーで見たコンセプトカー「XVL」をスカイラインとして売るとは思わなかった。よく言う「こんなのスカイラインじゃないや~い!」ということでもなくて、むしろ「違う名前で売り出したほうが正当な評価もらえたろうになぁ」と残念な気持ちになったことを思い出します。乗ってもみました。走りは悪くない、でも価格に見合ったクオリティが足りないぞと。結果、日本では売れませんでしたが初めて輸出された先の北米では「インフィニティG35」として大ヒット!固定観念を捨てればけっして悪いクルマではなかったと今でも思います。
逆に、今回のモデルチェンジは北米で大成功したV35のキープコンセプトにならざるを得ないことが容易に想像できました。益々以って「スカイライン像」からかけ離れていくのかと思いきや、スカイラインの「現代的解釈」として真っ当なところに落とし込んできたな、と直感。
長い前置きですが、こんなバックグラウンドの元にV36新型スカイラインに乗ってきました。

V35からV36へ進化するに当たって確認したいポイントは2つ。1つはほぼ新設計のV6エンジンVQ-HR。HRは「ハイレスポンス」とも「ハイレボリューション」(高回転)とも読み取れますが、その出来栄えや如何に。もう1つは内装のクオリティ。先代はあまりにも安っぽかったので大きく期待はしていませんが、乗ってガッカリするようじゃ困る。
試乗車は250GTのAWDでした。冬の北海道ではFRの試乗を許すような寛容なディーラーはありません。
夕方からほとんど夜に近い時間帯でしたが、メーター類の灯火も美しく本アルミのパネルの質感も悪くありません。常々アルミや木目は「風」じゃダメだと思うんですよ!ニセモノ使うくらいならないほうがマシだって!!有っても無くてもいいものだからこそ本物にこだわって欲しい。スカイライン、ここはまず合格。大量生産でコストに多少余裕が出たんでしょうか。アメリカ様様やね。

走り出すとエンジンの存在感が旧型より控えめ。これは褒めてます。旧型VQはとにかく乱暴な感じがあり、悪く言うと品がない回り方だったのがずいぶん洗練されました。力感も十分。でも緻密さはレクサスのが上かな?
トランスミッションは5速ATマニュアルモード付き。プレミアムブランドは6速以上が普通になってきたのでやや見劣りしますが実用上問題なし。試せませんでしたがシフトダウン時にはブリッピング(中吹かし)もしてくれるそうです。
足回りは国産セダンとしては引き締まった印象。その他、シートポジションはかなり自由度高く調整できサイズも適当。インパネのアナログ時計の意匠がちょっといただけないのと足踏み式パーキングブレーキを二度踏み式リリースからレバーリリースか電磁式になれば気になるところはほとんどないと思えます。
話題の4WAS(アクティブステアリング)はあまり興味がないのですがBMWのようなバイワイヤではなく電子制御で後輪も操舵するものです。昔のHICAS(ハイキャス)からやってますが、走り好きの人はわざわざキャンセルしてましたからね。意味あるのかな?基本のシャシを磨き込むほうに注力して欲しいものです。

それにしても価格表を見て驚きました。ベーシックな250GTで2,793,000円。装備に差があるとはいえレクサスIS250より約100万円安い!アメリカではインフィニティG35としてメルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4、そしてレクサスISと真っ向勝負しているというのに!カーウイングス対応ナビやETC、カーテンエアバッグなどつけてもまだ1割安い。
確かに、レクサスのような計算しつくされた高級感や「おもてなし」はありませんが、車の出来は負けてない、特に走りのセンスはいいところまでいったんじゃないかな。
反面、プレミアムカーとしてはもっともっとがんばらないとアメリカでもV35ほど売れないかも。目新しさが薄いのが最大の弱点でしょう。

新型スカイライン、望外に好印象でした。ふと思ったのが、レクサスISさらに苦戦するかも。IS250に400万出すならスカイライン買って100万貯金するか、400万でBMW320iにしそう。俺ならそうするけど。
d0055336_22323637.jpg

[PR]
by yuta_cold | 2007-01-11 22:45 | インプレッション
<< 営業車フィールダー第8回 36... Lexus IS350 ver.S >>